<使用方法>

スタート
1.
電源スイッチ(Shutdown)を、Tone mode(音響)またはVibration mode(振動) に投入する。
2.
Resetボタン を押し、メモリークリアをする・・・・Standby(監視)状態となります。
3.
付近にある金属製品に金属探知機を近づけ、Signal strength Indicator strip が、Hレベルまで点灯し 「警報音」または、「バイブレーション」(振動)が出ることを確認してください。

ボディスキャン
1.
ボディスキャンを行う場所は、周辺の金属の磁気を感知しないよう広いスペースを確保して下さい。
事前に床をスキャンし、床面から金属反応が出ないことを確認してください。
2.
ボディスキャンを行う対象者には、ポケットを全て空にしてもらい、アクセサリーや腕時計、イヤリング、ベルトなどの金属製品を外していただきます。
スキャンの前に心臓のペースメーカーや金属類の埋込物がないか、質問し確認して下さい。
3.
金属探知機によるスキャンは、服や靴で皮膚が見えない部分に、金属製品が無いことを検査するのが目的です。
ボディスキャン時は、非検査者に対し自然体の開脚、両腕を軽く広げた姿勢をとっていただき、スキャンは衣服に触れるか触れない程度の距離を確保しながら検査します。
なお、スキャナーが身体や皮膚に直接触れることがないよう、細心の注意を払って実施してください。

機能と特徴

1.
この探知機は、金属を探知すると、インジケータライト点灯のほかに、選択スイッチにより「警告音」または「バイブレーション」の何れかにより探知結果が簡単に判ります。
2.
Resetボタンを押すことで、簡単に素早く初期状態に戻ります。
3.
トーン識別:大きな金属を検出すると警告音の音量が大きく、トーンも変化します。
4.
信号強度識別:金属物体が検出機に近いほど、また金属が大きいほどインジケータライトが強く点灯します。
5.
Ready ライトが頻繁に点滅しているばあい、電力不足のアラームです。 直ちに本機の使用を停止し、電源OFFの状態でUSB充電を行ってください。

メンテナンス
1.
使用後は、電源をOFFにしてUSB充電を行ってください。満充電で200時間稼働することができるリチウム電池を内蔵しています。
2.
使用後は、乾布またはよく絞ったタオルなどで本体を拭きあげてください。水に漬けたり、濡れ雑巾・洗剤・スプレー・シンナー等による洗浄は行わないでください。。
3.
屋内専用の製品です。屋外や雨中ではご使用できません。
4.
ご使用は丁寧に。落としたりぶつけたりしないようご注意下さい。
5.
専用のホルスターをご利用ください。

仕様
品名
 携帯型金属探知機
商品名
 Guard Safe(ガードセーフ)
品番
 PMD-GS11/AHS-808
電源
 ポリマーリチュウム電池 約200時間稼働
 Android USB 充電式
特徴
 金属を検出すると、
 a.赤色灯が点滅
 b.オーディオ警報 
 c.バイブレーションの3種類のアラームを発出。
 オーディオ警報またはバイブレーションは選択式
 探知感度の調節が可能
寸法・重量
 320mmX70mm 約200g
使用可能
周囲温度
 -15℃〜50℃
待機電力消費
 10mw (10Milliwats)